需要と供給、収入の関係

現在、パイロットの需要は非常に高く、人手不足な状態が続いています。したがって、ヘリコプターの事業用操縦士免許を持っていれば、高確率で仕事にありつけることになります。もしも奨学金プログラムにて免許を取得した場合には、そのまま航空会社に就職することになりますし、そうでなく自費で取得した場合でも心配はなさそうです。また、パイロットは不足している状態が長く続いており、今後も同様の状態が続くことが予想されます。

ヘリコプターパイロットの収入についても心配はほとんどいりません。サラリーマンの平均年収よりも遙かに多額の収入が期待できます。また、もしも今後パイロットの供給数が減少していけば、更に貴重な人材となり得ます。こうなれば収入についても更に多額になることが予想されます。需要が高まり供給が低くなっていれば、そのものの価値が高まるというわけです。1000万年以上の年収は保証されているも同然です。

しかしながら免許を取得するためにはお金の問題も学力の問題も立ちはだかることになります。費用についてはかなり高くなりますので、賢い選択をしてヘリコプターのパイロットを目指していきましょう。将来のパイロット諸君、ぜひ頑張っていただきたい。

【参照HP】Alpha Aviation – ヘリコプター免許取得

奨学金で免許取得も可能

高い学費がネックになっているヘリコプターのパイロットですが、近年では少しずつこの現状も改善され始めています。平成25年からは航空会社2社が、奨学金制度をスタートさせました。就学する代わりに1000万円もの大金を貸してくれるというもので、更に特典が付いているのも魅力です。資格を取得したあとにその航空会社へと入社して、更に一定期間勤務すれば奨学金の返済が免除されます。資格のために入学する前からパイロットになることが決まっていて、就職先も探さずに済むといううまい話ですね。

航空会社からしてみれば、まずパイロットを確保することが困難な時代であり、そこまで譲歩したとしても人材を確保したいといったところでしょうか。お金に困ることなくパイロットになれれば、それに越したことはありません。

この他にも、パイロットの中には教育ローンを利用して夢を実現したという人もいます。学資ローン、教育ローンは奨学金のように金利が低いわけではありませんが、それでも近年では低金利のローンも登場していて、金融サービスを上手に活用すれば、夢を実現できるかもしれません。お金の心配はパイロットになる上で必ず絡んでくる話です。どのように資金を用意するのか、慎重に検討を進めてみてください。

ヘリのパイロットが活躍する場所は?

ヘリコプターのパイロットは、意外とさまざまな場所で活躍をしています。行う仕事は指示された通りにヘリコプターを飛ばすことになりますが、ドクターヘリのパイロットにもなれますし、自衛隊のパイロットになることも可能です。航空会社からも重宝される存在でもあり、ヘリコプターを運航するためにその能力を買われたりします。この他にも一般企業の中にヘリコプターのパイロットを必要としていることがあります。

たとえば新聞社やマスコミ関係などから求人が出ていることもあります。ニュースの報道に空中からの映像が付いていることがありますが、あのヘリのパイロットを自社で雇ってしまおうというわけです。

生活を安定させたいのであれば、官公庁へと就職するのがベターです。一般企業とは違って倒産などはありませんので、安定へつながります。海上保安庁や警視庁、県警、消防庁や地域防災のためにパイロットが雇われることもあります。

しかし、稼げる仕事となると話は別で、航空事業会社への就職がおすすめです。航空会社が出している求人へと応募してみることをおすすめします。いずれにせよ、パイロットの需要は高く、重宝される存在ですので就職できないという心配はなさそうです。

ヘリコプター免許取得にかかる費用と年収

ヘリコプターのパイロットという仕事は大空を自由に飛び回る、ロマン溢れる仕事のようにも思えるでしょう。ですがこの理想を実現するためには、現実をしっかりと見ていかなければなりません。まず、ヘリコプターのパイロットになるためには、免許を取得する必要があります。

ヘリコプター免許は事業用操縦士と呼ばれ、国土交通省が実施している航空事業者国家資格に合格することで取得できます。試験内容は航空工学や航空気象、航空法規などで、学科試験だけでなく実技試験もあり、ヘリコプターの操縦経験が無い人は絶対に受かりません。というよりも受験すらさせてもらえません。事業用操縦士の前に取得しなければならないのが自家用操縦士の資格ですが、こちらも航空学校等にて講義を受ける必要があります。

そして、この際に発生する学費がネックになっており、現在のパイロット不足が誕生してしまっているのです。気になる価格はおよそ1000万円から1500万円程度と、一般的な収入のご家庭では払えないのが現実です

それではヘリコプターパイロットの収入について見ていきましょう。年収はだいたい初年で600万円から700万円、そこからキャリアアップしていき、平均年収はだいたい1200万円から1500万円です。もちろんこれ以上に稼いでいる人もいて、1度取得してしまえば安泰と言えます。それではヘリコプターパイロットが活躍する場所や、どのように免許を取得すべきか、パイロットという仕事はこれからどのように変化していくのかについて見ていきましょう。

ヘリコプター免許を活かせる職業、公務員パイロットについてご説明いたします