ヘリコプター免許取得にかかる費用と年収

ヘリコプターのパイロットという仕事は大空を自由に飛び回る、ロマン溢れる仕事のようにも思えるでしょう。ですがこの理想を実現するためには、現実をしっかりと見ていかなければなりません。まず、ヘリコプターのパイロットになるためには、免許を取得する必要があります。

ヘリコプター免許は事業用操縦士と呼ばれ、国土交通省が実施している航空事業者国家資格に合格することで取得できます。試験内容は航空工学や航空気象、航空法規などで、学科試験だけでなく実技試験もあり、ヘリコプターの操縦経験が無い人は絶対に受かりません。というよりも受験すらさせてもらえません。事業用操縦士の前に取得しなければならないのが自家用操縦士の資格ですが、こちらも航空学校等にて講義を受ける必要があります。

そして、この際に発生する学費がネックになっており、現在のパイロット不足が誕生してしまっているのです。気になる価格はおよそ1000万円から1500万円程度と、一般的な収入のご家庭では払えないのが現実です

それではヘリコプターパイロットの収入について見ていきましょう。年収はだいたい初年で600万円から700万円、そこからキャリアアップしていき、平均年収はだいたい1200万円から1500万円です。もちろんこれ以上に稼いでいる人もいて、1度取得してしまえば安泰と言えます。それではヘリコプターパイロットが活躍する場所や、どのように免許を取得すべきか、パイロットという仕事はこれからどのように変化していくのかについて見ていきましょう。