ヘリのパイロットが活躍する場所は?

ヘリコプターのパイロットは、意外とさまざまな場所で活躍をしています。行う仕事は指示された通りにヘリコプターを飛ばすことになりますが、ドクターヘリのパイロットにもなれますし、自衛隊のパイロットになることも可能です。航空会社からも重宝される存在でもあり、ヘリコプターを運航するためにその能力を買われたりします。この他にも一般企業の中にヘリコプターのパイロットを必要としていることがあります。

たとえば新聞社やマスコミ関係などから求人が出ていることもあります。ニュースの報道に空中からの映像が付いていることがありますが、あのヘリのパイロットを自社で雇ってしまおうというわけです。

生活を安定させたいのであれば、官公庁へと就職するのがベターです。一般企業とは違って倒産などはありませんので、安定へつながります。海上保安庁や警視庁、県警、消防庁や地域防災のためにパイロットが雇われることもあります。

しかし、稼げる仕事となると話は別で、航空事業会社への就職がおすすめです。航空会社が出している求人へと応募してみることをおすすめします。いずれにせよ、パイロットの需要は高く、重宝される存在ですので就職できないという心配はなさそうです。