需要と供給、収入の関係

現在、パイロットの需要は非常に高く、人手不足な状態が続いています。したがって、ヘリコプターの事業用操縦士免許を持っていれば、高確率で仕事にありつけることになります。もしも奨学金プログラムにて免許を取得した場合には、そのまま航空会社に就職することになりますし、そうでなく自費で取得した場合でも心配はなさそうです。また、パイロットは不足している状態が長く続いており、今後も同様の状態が続くことが予想されます。

ヘリコプターパイロットの収入についても心配はほとんどいりません。サラリーマンの平均年収よりも遙かに多額の収入が期待できます。また、もしも今後パイロットの供給数が減少していけば、更に貴重な人材となり得ます。こうなれば収入についても更に多額になることが予想されます。需要が高まり供給が低くなっていれば、そのものの価値が高まるというわけです。1000万年以上の年収は保証されているも同然です。

しかしながら免許を取得するためにはお金の問題も学力の問題も立ちはだかることになります。費用についてはかなり高くなりますので、賢い選択をしてヘリコプターのパイロットを目指していきましょう。将来のパイロット諸君、ぜひ頑張っていただきたい。

【参照HP】Alpha Aviation – ヘリコプター免許取得