奨学金で免許取得も可能

高い学費がネックになっているヘリコプターのパイロットですが、近年では少しずつこの現状も改善され始めています。平成25年からは航空会社2社が、奨学金制度をスタートさせました。就学する代わりに1000万円もの大金を貸してくれるというもので、更に特典が付いているのも魅力です。資格を取得したあとにその航空会社へと入社して、更に一定期間勤務すれば奨学金の返済が免除されます。資格のために入学する前からパイロットになることが決まっていて、就職先も探さずに済むといううまい話ですね。

航空会社からしてみれば、まずパイロットを確保することが困難な時代であり、そこまで譲歩したとしても人材を確保したいといったところでしょうか。お金に困ることなくパイロットになれれば、それに越したことはありません。

この他にも、パイロットの中には教育ローンを利用して夢を実現したという人もいます。学資ローン、教育ローンは奨学金のように金利が低いわけではありませんが、それでも近年では低金利のローンも登場していて、金融サービスを上手に活用すれば、夢を実現できるかもしれません。お金の心配はパイロットになる上で必ず絡んでくる話です。どのように資金を用意するのか、慎重に検討を進めてみてください。